本文へ移動

講演会・セミナーのご案内

DeFiと暗号資産を巡る最近の動き【東京開催】

講師:岩下 直行(いわした なおゆき)氏
   京都大学 公共政策大学院 教授
 
日時及び会場: 2021年12月13日(月)10:00~11:30(9:30開場予定)
        東京証券会館 9階会議室
        東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 
        東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅下車(8番出口 )

【講演要旨】
本年7月、金融庁は、「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」を立ち上げた。同研究会は、2020年後半からの暗号資産高騰の背景にあると言われているDeFi(ディーファイ)、あるいは分散型金融と呼ばれる、暗号資産を利用した新しい取引形態について検討することを目的に、これまで4回の討議を行ってきた。本講演では、同研究会での議論を踏まえて、DeFiをどう理解するかについて、講師の考えを述べる。

【講師プロフィール】 
1984年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。同年4月、日本銀行入行。
1994年7月、日本銀行金融研究所に異動し、以後約 15年間、金融分野における情報セキュリティ技術の研究に従事。
2016年4月、新設されたFinTechセンターの初代センター長に就任。
2017年3月、日本銀行退職。同年4月、京都大学・公共政策大学院の教授に就任。同年8月、金融庁参与を兼務。2019年1月、金融審議会委員を兼務。2019年10月、規制改革推進会議委員を兼務。

【著書】
『ブロックチェーンの未来』(共著、日経新聞社、2017年9月)

※当研究会の講演会・セミナーはどなたでも無料で参加できます。参加を希望される方は以下の「講演会・セミナーお申込みフォーム」よりお申込みください。
 
【講演会中止時の対応につきまして】
講演会を中止する場合には、ホームページへ掲載いたします。原則、参加申し込みをされた方へ個別に中止の連絡はいたしません。講演会当日のホームページを必ずご確認ください。

2022年 欧州経済・政治の注目点【東京開催】

講師:伊藤 さゆり(いとう さゆり)氏
   株式会社ニッセイ基礎研究所 経済研究部 研究理事

         
 
日時及び会場:2021年12月7日(火)15:00~16:30(14:30開場予定)
       東京証券会館 9階会議室
       東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 
       東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅下車(8番出口 )

   
【講演要旨】
コロナ禍で大きな打撃を受けたユーロ圏でも、ようやくコロナ前のGDPの水準回復が視野に入り始めたが、エネルギー価格高騰、供給網の混乱、新型コロナの感染再拡大による減速懸念が台頭している。財政・金融政策はどう動くのか。2050年の気候中立化を目指す「欧州グリーン・ディール」と復興基金「次世代EU」の稼働で何が変わるのか。ドイツ新政権の政策運営と仏大統領選挙、英国とEUの新たな関係はどう展開して行くのか。これらの切り口から、欧州の現状を点検し、2022年を展望します。


【講師プロフィール】
1987年早稲田大学政治経済学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)調査部シニアエコノミストを経て、2001年、ニッセイ基礎研究所に入社。2019年7月より現職。修士(商学・早稲田大学)。早稲田大学商学学術院非常勤講師(2015年度~)、経団連21世紀政策研究所研究委員(2017年~)、日本国際フォーラム欧州政策パネルメンバー(2019年~)、日本EU学会理事(2017年度~)
出演番組に、テレビ東京「Newsモーニングサテライト」、ラジオNIKKEI「日経新聞を読んで」、J-WAVE「JAM THE PLANET」など。日本経済新聞電子版Think!エキスパート
近著に、『EUと新しい国際秩序』(日本評論社、2021年、共著)、『沈まぬユーロ』(文眞堂、2021年、共著)などがある。

※当研究会の講演会・セミナーはどなたでも無料で参加できます。参加を希望される方は以下の「講演会・セミナーお申込みフォーム」よりお申込みください。
  
【講演会中止時の対応につきまして】
講演会を中止する場合には、ホームページへ掲載いたします。原則、参加申し込みをされた方へ個別に中止の連絡はいたしません。講演会当日のホームページを必ずご確認ください。

TOPへ戻る