本文へ移動

講演会・セミナーのご案内

J-REIT市場の現状と見通し【東京開催】

講師:鳥井 裕史(とりい ひろし) 氏
   SMBC日興証券株式会社 株式調査部 シニアアナリスト
 
日時及び会場: 2021年11月11日(木)15:00~16:30(14:30開場予定)
        東京証券会館 9階会議室
        東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 
        東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅下車(8番出口 )

【講演要旨】
新型コロナ問題が直撃した2020年のJ-REIT市場。コロナ後の収益改善を見越して2021年前半の東証REIT指数は回復傾向にあった。
一方、2021年後半に入ると不安定な局面も。今後の見通しは?ファンダメンタルズやバリューション面、同市場を取り巻く需給動向を踏まえて、様々な面から短期的及び中長期的な見通しを解説したい。併せてコロナ後の構造変化の可能性についても言及したい。

【講師プロフィール】 
大和総研、大和証券SMBCを経て2010年より現職。20年近くにわたりJ-REIT市場の調査・分析に従事。Institutional Investor誌「All-Japan Research Team」REIT部門で2012~21年で10年連続1位。日経ヴェリタス誌「アナリストランキング」REIT部門で2016~2021年で6年連続1位。
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員、一般社団法人不動産証券化協会認定マスター。一般社団法人不動産証券化協会資格教育小委員会分科会委員。

 
【講演会中止時の対応につきまして】
講演会を中止する場合には、ホームページへ掲載いたします。原則、参加申し込みをされた方へ個別に中止の連絡はいたしません。講演会当日のホームページを必ずご確認ください。
TOPへ戻る