本文へ移動

月刊資本市場(2020年6月号)の主な内容

明日への話題
禍を転じて福となす
証券取引等監視委員会 委員長
長谷川 充弘
論文
山積みの社会課題と「プライベート・エクイティ投資」の向き合い方
京都大学経営管理大学院 特別教授
一橋大学大学院経営管理研究科 客員教授
SBI大学院大学 教授
幸田 博人
日本企業の価値創造に係る資本市場の視座
 ~2020年グローバル投資家サーベイ結果~
エーザイ 専務執行役CFO(最高財務責任者)
早稲田大学大学院会計研究科 客員教授
柳 良平
レポート
気候中立化とデジタル化の時代の道徳教育
持続可能な社会のための金融を通じた日EU協力分野のフロンティア~
公益財団法人 国際金融情報センター ブラッセル事務所長
金子 寿太郎
テレワーク時代のセキュリティ
NRIセキュアテクノロジーズ
Cyber Security Services Department セキュリティコンサルタント
高見澤 涼
コラム
イールドカーブ・コントロールは手段から目的に変わるのか ~金融政策の目標の行方~
BNPパリバ証券 経済調査本部長・チーフエコノミスト
河野 龍太郎
おりおりの記
星空を眺める
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
取締役社長 兼 最高経営責任者
荒木 三郎
夏目漱石とクラシック音楽(第21回)
漱石が観た男装の女性歌手
音楽学者・元東京藝術大学特任教授
瀧井 敬子
明日へのかけ橋(第123話)
ポスト・コロナは国家の役割が問われる
東京財団政策研究所 研究主幹
森信 茂樹
インサイド・アウト  U.S.A.
株式取引が可能なギフトカードを提供するストックパイル
野村資本市場研究所(ニューヨーク)主任研究員
岡田 功太
解説コーナー
「株安、投資の好機」浸透進む――ネット証券、コロナ禍で個人の参入増
常盤橋 (第114回)
ポストコロナの金融政策――主要国は日銀化が進展か
City の窓から   (第40回)
ロンドン証取のプレミアム市場上場企業に対する、
TCFDに基づく気候変動関連情報の開示検討
日本取引所グループ ロンドン駐在員事務所
中尾 健太
市場概況 (5月)
(株   式)  経済回復期待、2か月連続高
(公社債)  忍び寄るデフレ再燃の影
パトロール
(兜   町)  業績予想が ❝蒸発❞、異常値に混乱
(本石町)  日銀文学
(霞が関)  永田町の大きな声
参考指標
関連団体の動き
資本市場日誌 (2020年5月1日~5月31日)
TOPへ戻る