本文へ移動

講演会・セミナーのご案内

2019年度の経済と市場展望~何故楽観論が正しいのか~【大阪開催】

講師:武者 陵司(むしゃ りょうじ)氏
   株式会社武者リサーチ 代表
日時:2019年5月29日(水) 16:00~17:30
場所:京阪淀屋橋ビル4階 AP大阪淀屋橋 
   大阪市中央区北浜3-2-25 
   地下鉄御堂筋線・京阪本線 淀屋橋駅下車 
 
講演要旨
米国は史上最長の景気拡大に突入、新技術時代の繁栄期に入った可能性がある。懸念の米中貿易戦争は米中両国での一段の金融緩和と株高を引き起こし、2019年後半はむしろ世界景気加速の可能性が強まった。表面的には長期停滞の平成時代、日本の稼ぐ力は飛躍的に高まった。令和は、この形成された富を国民生活の向上と経済繁栄につなげる新時代となるだろう。国際分業で技術品質優位に特化した日本の希少性は、株高によって確認されるだろう。
 
講師プロフィール 
【略 歴】
株式会社 武者リサーチ 代表
ドイツ証券株式会社 アドバイザー、ドイツ銀行東京支店 アドバイザー
1973年 横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。
1988年大和総研アメリカでチーフアナリストとして米国のマクロ・ミクロ市場を調査。
1997年ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト2005年ドイツ証券副会長を経て、
2009年 株式会社武者リサーチを設立。
日経電子版(カリスマの直言)、WILL、Voice、日経産業新聞(眼光紙背)、四国新聞社、月刊資本市場、投資経済等の紙誌にレポートやコラムを寄稿。
テレビ朝日、BS11、日経CNBC、BS東京モーニングプラス、BSフジプライムニュース、ストックボイス、日経ラジオ、文化放送等にコメンテーターとして出演。
 主な著書『日本株大復活』(PHP研究所)、『新帝国主義論』、
     『「失われた20年」の終わり地政学で診る日本経済』(東洋経済新報社)
     『超金融緩和の時代』(日本実業出版社)
     『結局、勝ち続けるアメリカ経済一人負けする中国経済』(講談社+α新書)
     『史上最大の「メガ景気」がやってくる』日本の将来を楽観視すべき五つの理由
      (KADOKAWAより2018/6/29発売)
 
※当研究会の講演会・セミナーはどなたでも無料で参加できます。参加を希望される方は以下の「講演会・セミナーお申込みフォーム」よりお申込みください。また、PDFファイルをプリントアウトしていただき、FAXで申し込むことも可能です。
講演会・セミナーお申込み

2019年度の経済と市場展望~何故楽観論が正しいのか~【名古屋開催】

講師:武者 陵司(むしゃ りょうじ)氏
   株式会社武者リサーチ 代表
日時:2019年6月5日(水) 16:00~17:30
場所:名古屋証券取引所ビル5階 名証ホール
   名古屋市中区栄3-8-20
   地下鉄名城線・東山線 栄駅下車 サカエチカ7番・8番出口
   
講演要旨
米国は史上最長の景気拡大に突入、新技術時代の繁栄期に入った可能性がある。懸念の米中貿易戦争は米中両国での一段の金融緩和と株高を引き起こし、2019年後半はむしろ世界景気加速の可能性が強まった。表面的には長期停滞の平成時代、日本の稼ぐ力は飛躍的に高まった。令和は、この形成された富を国民生活の向上と経済繁栄につなげる新時代となるだろう。国際分業で技術品質優位に特化した日本の希少性は、株高によって確認されるだろう。
 
講師プロフィール 
【略 歴】
株式会社 武者リサーチ 代表
ドイツ証券株式会社 アドバイザー、ドイツ銀行東京支店 アドバイザー
1973年 横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。
1988年大和総研アメリカでチーフアナリストとして米国のマクロ・ミクロ市場を調査。
1997年ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト2005年ドイツ証券副会長を経て、
2009年 株式会社武者リサーチを設立。
日経電子版(カリスマの直言)、WILL、Voice、日経産業新聞(眼光紙背)、四国新聞社、月刊資本市場、投資経済等の紙誌にレポートやコラムを寄稿。
テレビ朝日、BS11、日経CNBC、BS東京モーニングプラス、BSフジプライムニュース、ストックボイス、日経ラジオ、文化放送等にコメンテーターとして出演。
 主な著書『日本株大復活』(PHP研究所)、『新帝国主義論』、
     『「失われた20年」の終わり地政学で診る日本経済』(東洋経済新報社)
     『超金融緩和の時代』(日本実業出版社)
     『結局、勝ち続けるアメリカ経済一人負けする中国経済』(講談社+α新書)
     『史上最大の「メガ景気」がやってくる』日本の将来を楽観視すべき五つの理由
      (KADOKAWAより2018/6/29発売)
 
※当研究会の講演会・セミナーはどなたでも無料で参加できます。参加を希望される方は以下の「講演会・セミナーお申込みフォーム」よりお申込みください。また、PDFファイルをプリントアウトしていただき、FAXで申し込むことも可能です。
講演会・セミナーお申込み
TOPへ戻る