本文へ移動

月刊資本市場(2008年8月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
 明日への話題
貿易国家から投資国家へ
(社)日本経済研究所センター
特別研究顧問
香西 泰
論文
日本の証券化市場の現状について
(株)野村総合研究所
金融ITイノベーション研究部
上級研究員
有村 康哉
施行1年を迎える金融商品取引法について
(株)大和総研
制度調査部
金本 悠希
不動産ストラクチャード・ファイナンスの分野における
金融商品取引法の諸論点と実務上の処理
弁護士法人
御堂筋法律事務所 弁護士
高橋 壮介
短期金融市場レポート
最近のコール市場の動きと日本銀行の金融調節について
上田八木短資株式会社
インターバンク営業部
業務推進役
三枝 明
講演録
国際金融センター化へ向けた日本市場の課題
(株)野村総合研究所
研究創発センター
主席研究員
大崎 貞和
トップインタビュー
株式会社MICメディカル
代表取締役社長
間瀬 正三
おりおりの記 思い出すことども
杏林大学 客員教授
湯本 雅士
私の歴史年表 戦争時代①
長岡 實
東京発25時40分 (第37回)
地方に眠る「ソフト・パワー」を活用しよう
=サミット閉会直後の洞爺湖で考える=
経済ジャーナリスト
中野 哲也
今月のスポットライト
米住宅公社の資本問題が表面化-米政府が「公的資金注入」示唆-
解説コーナー 
・企業業績の悪化鮮明に -景気減速、原材料高が直撃-
・投信への資金流入減で残高縮小 -内外株価低迷で株式投信離れ-
<隔月連載> ヨーロッパ Inside Out
通貨統合10周年
株式会社大和総研
パリ駐在員事務所
シニアエコノミスト
エリック・ロマン
海外証券ニュース
〈ふろむユー・エス・エー〉
〈ふろむヨーロッパ〉
空売り規制に動き出したSEC
英語ファンド、環境分野で産油国とタッグ
=油田ガスを再利用=
市場概況(7月)

(株  式) 先行き警戒から方向感見えず

(公社債) 長期金利、米国の景気後退懸念で低下
 パトロール 
(兜 町) 個人のインフレ対応に要注意
(本石町) セカンド・ラウンド・エフェクト
参考指標
関連団体の動き 東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所、福岡証券取引所、日本証券業協会、財務会計基準機構
資本市場日誌 (平成20年7月1日~平成20年7月31日)
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る