本文へ移動

月刊資本市場(2010年6月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
明日への話題
格付機関の在り方を問う
金子 太郎
座談会
投資の時代にふさわしい金融税制を
―1,500兆円個人金融資産の活用
中央大学森信 茂樹
野村総合研究所 大崎 貞和
ソフィアバンク 藤沢 久美
(司会)資本市場研究会 日出島 恒夫
論文
国内PTS発展に伴うセルサイドへの影響
株式会社 大和総研
情報技術研究所 主任研究員
           同              研究員
伊藤 慶昭
古井 芳美
アジア資産運用ビジネスの拡大と日系運用会社の対応
株式会社 野村総合研究所
金融市場研究センター 主任研究員
浦壁 厚郎
地球温暖化対策と排出権取引
 
総合商社の温室効果ガス削減事業の取組みについて
三菱商事株式会社
新エネルギー・電力事業本部
排出権事業ユニットマネジャー
中村 剛
トップへのインタビュー
大研医器株式会社
代表取締役会長
山田 満
おりおりの記
モーリシャス訪問記
―世界遺産の生みの親として歓迎される―
前ユネスコ 事務局長
松浦 晃一郎
私の歴史年表(第27回) 1990年代 ①
長岡 實
短期金融市場レポート
ギリシャ債務問題発生後のわが国の短期金融市場の状況
上田八木短資株式会社
インターバンク営業部 業務推進役
高畠 秀行
インサイド・アウト
      ヨーロッパ

混迷続く欧州、緊急パッケージは決定打になるか
大和総研
ロンドンリサーチセンター長
児玉 卓
海外の視点
中国の議決権:世銀で3位に、焦点はIMFでの2位浮上
山崎 一民
解説コーナー
中銀の独立性に焦点
――FRBと日銀がタッグを組む
米、個別株にサーキット・ブレーカー
――「瞬間暴落」対策で
東京発25時40分 (第59回)
リストラ選手を再生、控え組もヤル気満々
=千葉ロッテ西村新監督の人心掌握術=
中野 哲也
中国証券市場の救世主と評されるCSRC尚福林主席
市場概況(5月)
(株 式) 欧州の財政不安で急落
(公社債) 逆戻りした時計の針、日米独の金利急低下
パトロール
(兜 町) 弱気シグナル、相次ぎ再点灯
(本石町) 資金配分に関与する「奇手」
(霞が関) 報酬開示、じわり浸透
書評
参考指標
関連団体の動き
資本市場日誌 (平成22年5月1日~平成22年5月31日)
索引[2010年1月号~6月号、No.293~No.298] 
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る