本文へ移動

月刊資本市場(2021年9月号)の主な内容

明日への話題
GPIFのスチュワードシップ活動の意義
年金積立金管理運用独立行政法人 理事長
宮園 雅敬
レポート
「市場区分の見直し」を巡る3つの「誤解」
東京証券取引所 上場部長
林 謙太郎
MMTをどう考えるか ~異端からの挑戦~
資本市場研究会 理事
湯本 雅士
論文
2021年株主総会の総括
~コーポレートガバナンス・コード改訂を踏まえて~
SBI大学院大学 准教授
上田 亮子
従業員インパクト会計の統合報告書での開示
~インパクト加重会計イニシアティブの日本第1号として~
早稲田大学大学院客員教授
エーザイ 専務執行役CFO
柳 良平
投信協会「つみけん」が描く20年後の未来予想図
〜投資を通じてすべての人が世界の成長を享受する社会の実現に向けたターゲットとアイデア〜
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 客員教授
井潟 正彦
コロナ禍の中国経済と金融政策の動向
帝京大学経済学部経営学科 教授
露口 洋介
リレー特集:渋沢栄一
大阪紡績と企業設立コーディネーターとしての渋沢栄一
明治学院大学経済学部 教授
北浦 貴士
コラム
バイデン政権の競争政策と高まるGAFAに対する圧力
一橋大学大学院 経営管理研究科 特任教授
藤田 勉
おりおりの記
歴史散歩のすすめ
元国際金融公社東京駐在特別代表
入谷 盛宣
 ほとんど知らないオーケストラの話(第12回・最終回)
オーケストラの収支
東京フィルハーモニー交響楽団 専務理事・楽団長
石丸 恭一
 明日へのかけ橋(第138話)
炭素税、具体案に基づく議論を
東京財団政策研究所 研究主幹
森信 茂樹
 インサイド・アウト ヨーロッパ
欧州経済、正常化は道半ば
大和総研ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト
近藤 智也
解説コーナー
美術品競売、投資家ニーズ捉え活況 ―― デジタル化で追い風
 常盤橋 (第129回)「ニクソンショック」から半世紀――やっと円高恐怖症から解放か
○From the Corner of Wall Street○(第34回)
米国におけるSPACの最近の動向について
東京証券取引所 ニューヨーク駐在員事務所
佐藤 潤宜
 市場概況 (8月)(株   式)  再び下値模索
(公社債)  米緩和、「出口」の前の関門
パトロール(兜   町)  兜町にシンボルタワー、東京市場の復権なるか
(本石町)  新たな中銀の使命になるか
(霞が関)  デジタル金融の規制検討
参考指標
関連団体の動き
 資本市場日誌
(2021年8月1日~8月31日)
TOPへ戻る