本文へ移動

月刊資本市場(2020年5月号)の主な内容

明日への話題
兜町の再開発
~2030年にはカラフルな街に~
平和不動産 代表取締役社長
土本 清幸
特集:ESGの潮流と実務への落とし込み
日本におけるTCFDへの取り組みの広がりとその意義、そして今後の展望
金融庁 チーフ・サステナブルファイナンス・オフィサー
池田 賢志
海外投資家が注目する日本企業のダイバーシティ課題
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 経営企画部副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師
吉高 まり
スチュワードシップ・コード再改訂の概要
金融庁 企画市場局企業開示課課長補佐
         同
島貫 まどか
山田 裕章
「ESG情報開示実践ハンドブック」について
 ~企業価値向上を目指したESG情報開示~
日本取引所グループ
サステナビリティ推進本部 事務局次長
鳥居 夏帆
債券市場におけるSDGs債の拡大とチャレンジ
みずほ証券 サステナブル・ファイナンス室 室長
 同 アシスタントヴァイスプレジデント
 同 シニアプライマリーアナリスト
伊井 幸恵
鈴木 脩
香月 康伸
政策保有株式と会計数値の関係
一橋大学大学院 経営管理研究科 准教授
一橋大学大学院 商学研究科 博士後期課程
専修大学 商学部 講師
円谷 昭一
柳樂 明伸
金 鐘勲
ESG投資とフィデューシャリー・デューティー
東京大学大学院法学政治学研究科 教授
東京大学 客員教授(野村総合研究所)
東京大学 客員教授(西村あさひ法律事務所)
東京大学公共政策大学院 特任教授
神作 裕之
大崎 貞和
小野 傑
湯山 智教
おりおりの記
日本百名山
弁護士(元検事総長)
大野 恒太郎
コラム
英国のコーポレートガバナンス・コードの失敗に学ぶ
一橋大学大学院経営管理研究科 特任教授
藤田 勉
夏目漱石とクラシック音楽(第20回)
ユンケル家と岩倉家の結婚
音楽学者・元東京藝術大学特任教授
瀧井 敬子
明日へのかけ橋(第122話)
デジタル・セーフティーネットの構築を
東京財団政策研究所 研究主幹
森信 茂樹
インサイド・アウト  アジア
コロナショックはアジアをどう変えるのか
大和総研 経済調査部
児玉 卓
◆解説コーナー◆
新型コロナが浮き彫りにした資本主義の弱点――政府の介入拡大と同時に透明性の確保を
常盤橋 (第113回)
コロナ対策が持久戦なら――経済損失とのトレードオフが重要
From the Corner of Wall Street     
(第26回)
SECの2020年度の優先検査項目について
日本取引所グループ ニューヨーク駐在員事務所
セーラ・ビーム
木村 亮太
市場概況 (4月)
(株   式)  下げ一服
(公社債)  強まる中銀の支配力
パトロール
(兜   町)  市場を揺らすソフトバンクグループ
(本石町)  コロナ禍、地銀にも
(霞が関)  民間も無利子融資
参考指標
関連団体の動き
資本市場日誌 (2020年4月1日~4月30日)
TOPへ戻る