本文へ移動

月刊資本市場(2019年4月号)の主な内容

明日への話題
「真の対話」の重要性
シティグループ証券 取締役会長
田中 達郎
特集:米・欧・中の動向
中国の第三者決済分野の政策的枠組みと市場動向 〜モバイル決済分野を中心に〜
野村資本市場研究所 北京首席代表
関根 栄一
ECBの政策対応余地を考える
第一生命経済研究所 主席エコノミスト
田中 理
「金融政策の正常化」をめぐる諸問題
公益財団法人資本市場研究会 理事
衆議院調査局財務金融調査室 客員調査員
湯本 雅士
論文
気候変動関連情報の開示をめぐる
現状と課題
一橋大学大学院 経営管理研究科経営管理専攻 准教授
加賀谷 哲之
コラム
投資魅力向上への課題
日本経済新聞社 編集委員
前田 昌孝
レポート
株式等の決済期間短縮化(T+2)について
東京証券取引所 総合管理室(総合企画担当)課長
                   同                調査役
菊地 洋介
金子 裕紀
おりおりの記
平成の終焉に思うこと
日本学士院会員
東京大学名誉教授
三谷 太一郎
日本の資本市場年表(5)
夏目漱石とクラシック音楽(第7回)
美禰子の教会
音楽学者・元東京藝術大学特任教授
瀧井 敬子
明日へのかけ橋(第109話)
働き方改革と申告利便の向上
東京財団政策研究所 研究主幹
中央大学 法科大学院 特任教授
森信 茂樹
インサイド・アウト  U.S.A.
米国で存在感を増す独立系ファイナンシャル・アドバイザー
野村資本市場研究所(ニューヨーク)主任研究員
岡田 功太
解説コーナー
巨大IT企業に規制強化の動き――市場での支配力に警戒感
常盤橋 (第100回)
景気認識、微修正の意味――後退判断への第一歩
City の窓から    (第33回)
英国FCAのコンサルテーションからみえる英国投資プラットフォーム市場の概要について
日本取引所グループ ロンドン駐在員事務所
竹石 和人
市場概況 (3月)
(株   式)  3か月ぶり下落
(公社債)  復活した欧米の「日本化」懸念
パトロール
(兜   町)  戦略的赤字部門の見極め
(本石町)  見直し
(霞が関)  CLOのリスク管理強化求める
参考指標
関連団体の動き
資本市場日誌 (2019年3月1日~2019年3月31日)
TOPへ戻る