本文へ移動

月刊資本市場(2008年6月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
明日への話題
金融・資本市場のグローバル化への課題
東京大学 教授
神田 秀樹
論文
抜本的税制改革を〃議論するか
-税と社会保障一体改革で選択肢の提示を- 
中央大学 法科大学院 教授
森信 茂樹
プライベートバンキングの拡大とマス富裕層
-日本におけるPBビジネスの成否-
名城大学 経営学部 教授
澤田 貴之
SRIと責任投資原則(PRI)
-欧米の投資家はどう変わったか。日本の投資家
への示唆-
大和総研 経営戦略研究所 主任研究員
河口 真理子
英ポンド・ユーロ・EUの将来
日本金融財政研究所長(元文京学院大学教授)
菊池 英博
IOSCO・マルチMOU(多国間情報交換枠組み)への
署名について 
金融庁 総務企画局 総務課 国際室
課長補佐
水川 明大
短期金融市場レポート 
債券GCレポ市場の最近の動向
上田八木短資株式会社 証券営業部
業務推進役
渡来 敏郎
講演録
公開会社法とは何か
-資本市場と一体の改革法制- 
早稲田大学 法学部長 教授
上村 達男
トップへのインタビュー 
日創プロニティ 代表取締役社長
石田 利幸
おりおりの記 下町の思い出 
株式会社 東京証券取引所グループ
取締役会長 兼 代表執行役
西室 泰三
私の歴史年表 昭和初期① 
長岡 實
東京発25時40分 (第35回)
脱「土建経済」、最期のチャンス =地方が自立可能な経済モデルに= 
経済ジャーナリスト
中野 哲也
今月のスポットライト
「専門家」によるインサーダー取引が続発-証券界、未然防止策を強化へ-
解説コーナー 
・買収防衛策に逆風、機関投資家が反対票・・・総会控え、経営陣に圧力
・海外投資家、日本株買い積極化
<隔月連載> ヨーロッパ Inside Out
消費ブームに沸くロシア 
大和総研ヨーロッパ アナリスト
五十崎 義将
 海外証券ニュース
〈ふろむユー・エス・エー〉
〈ふろむヨーロッパ〉 
ステイケーション=絆を確かめる時間=
アイルランド新首相、難問山積=EU条約批准、経済運営も=
 市場概況(4月) 
(株 式) 日経平均14,000円を鋏一進一退
(公社債) 長期金利、10か月ぶりの水準に上昇
 パトロール 
(兜 町) 個人は声を上げるか
(本石町) 白川流、マーケットは好感
参考指標
関連団体の動き 東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所、福岡証券取引所、日本証券業協会、財務会計基準機構
資本市場日誌 (平成20年5月1日~平成20年5月31日)
書評 『日本の個人投資家』 
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。

(敬称略)

 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る