本文へ移動

月刊資本市場(2008年12月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
 明日への話題
信用の異常収縮
国際公共政策研究センター
理事長
田中 直毅
論文
SRI基礎論
~“新しい”SRIの理論とSRI/CSRの核心にある問題~
SPRING総研代表
 
多摩大学総合リスクマネジメント研究所フェロー
江畑 徹
欧州の新しい証券決済システム(TS2)
株式会社証券保管振替機構
国際部
佐藤 信
ASBJプロジェクト計画表の更新について
企業会計基準委員会
主席研究員
秋葉 賢一
短期金融市場レポート
最近の債券レポ市場の動向
上田八木短資株式会社
執行役員証券営業部長
岡田 淳治
講演録
証券検査をめぐる動向
証券取引等監視委員会事務局
証券検査課長
黒澤 利武
トップへのインタビュー
ダイヤモンドダイニング
代表取締役社長
松村 厚久
おりおりの記
日本のあかりのメッセージ
照明デザイナー
石井 幹子
私の歴史年表(第9回) 終戦の年
長岡 實
東京発25時40分 (第41回)
検索社会、便利だけれど・・・
=情報変質の落とし穴=
日本ビジネスプレス
編集主幹
中野 哲也
今月のスポットライト
トヨタ、営業益予想を1兆円下方修正 - 米自動車産業の苦境、日本メーカーにも伝播
解説コーナー
・新たな枠組へ第一歩
   -金融サミットが閉幕-
・排出量取引の試行始まる
   -温室ガス削減効果を検証-
・仏版SWF、保護主義色鮮明に
   -欧州各国は静観-
海外の視点
・オバマ次期大統領と日本
 
 山崎 一民
<隔月連載> ヨーロッパ インサイド・アウト
発電市場の拡大と欧州重電産業
大和総研ヨーロッパ
アナリスト
藤井 佑二
ブラジル インサイド・アウト
ブラジルの株式市場 - 試される「安定性」の強度
大和総研 投資戦略部
新興国リサーチヘッド
 
 児玉 卓
海外証券ニュース
〈ふろむユー・エス・エー〉
〈ふろむヨーロッパ〉
 
アメリカの絶望と希望
2008年の欧州資本市場
市場概況(11月)
(株 式) 金融危機の津波、依然拡大
(公社債) 長期金利、世界的に低下加速
パトロール 
(兜 町) 喜べぬ個人の買い越し?
(本石町) 利下げ余地狭まる
(霞が関) 地域金融機関、3年後の姿は?
参考指標
関連団体の動き 東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所、日本証券業協会、財務会計基準機構
資本市場日誌 (平成20年11月1日~平成20年11月30日)
書評:『排出権市場の価格メカニズム - 欧州にみる排出権取引の実態』
索引2008年7月号~12月号、No.275~No.280]
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る