本文へ移動

月刊資本市場(2009年2月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
明日への話題
わが国経済のリスク対応
株式会社商工組合中央金庫
代表取締役社長
関 哲夫
論文
自主規制委員会型の自主規制
-大阪証券取引所のケース-
大阪証券取引所
常務取締役
藤倉 基晴
「ポスト京都」のEU域内排出権取引制度(EU-ETS)
改正について
大和総研
投資戦略部
物江 陽子
英国におけるコスト・ベネフィット分析(CBA)の視点
NRIヨーロッパ
社長
近藤 哲夫
アメリカ自動車産業の行方
大和総研アメリカ
アナリスト
坂牧 史郎
講演録
格付会社への監督規制
関西大学商学部
専任講師
田村 香月子
トップへのインタビュー
ブックオフコーポレーション株式会社
代表取締役社長
佐藤 弘志
おりおりの記
60年 120年
日本政策金融公庫 副総裁
国際協力銀行 経営責任者
渡辺 博史
私の歴史年表(第11回) 敗戦後の日々②
長岡 實
東京発25時40分 (第43回)
業績不振、ジャーナリズムの危機
=マスコミは氷河期の「恐竜」か=
日本ビジネスプレス
編集主幹
中野 哲也
今月のスポットライト
三井住友海上、あいおい、ニッセイ同和が経営統合
解説コーナー
欧州過去最低の金利水準に
  -景気後退で一段の利下げも視野-
東証など上場廃止基準を緩和
  -株価低迷で「救済措置」-
オバマ新政権発足と米国景気対策法案
海外の視点
・オバマ流リーダーシップの極意
山崎 一民
インサイド・アウト
ヨーロッパ:
  通貨統合10周年:ルールが完璧でも政治的
  コミットメントが決め手
ロシア:
  ルーブル安と保護主義の狭間にあるロシア
大和総研
パリ駐在事務所
  シニアエコノミスト
大和総研
投資戦略部
  新興国リサーチヘッド
エリック・ロマン
 
 
 
児玉 卓
海外証券ニュース
〈ユー・エス・エー〉
 
〈ヨーロッパ〉
 
オバマはウォール街の敵か
 
拡大でジレンマ = 「寄らば大樹」も - ユーロ10年 =
SEC委員長にメアリー・シャピロ女史、就任
書 評 『カイシャ意外史 - 社史が語る仰天創業記 - 』
市場概況(1月)
(株 式) 景気底見えずバブル後最安値も視野に
(公社債) 財政リスク浮上で金利低下にブレーキ
パトロール
(兜 町) 期末株価の悪夢、再び?
(本石町) 「満額回答」続く
(霞が関) 企業統治の議論スタート - 金融審
参考指標
関連団体の動き 東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所、福岡証券取引所、日本証券業協会、財務会計基準機構
参考指標
資本市場日誌 (平成21年1月1日~平成21年1月31日)
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る