本文へ移動

月刊資本市場(2009年7月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
明日への話題
2者択一的論を超えたモデルを
日本経済研究センター 特別顧問
政策研究大学院大学 客員教授
小島 明
論文
東証株価指数(TOPIX)算出開始40周年を迎えて
株式会社東京証券取引所
情報サービス部 グループ長
加藤 雅幸
本格化する米国の金融規制改革論議
野村資本市場研究所
ニューヨーク事務所長 主任研究員
関 雄太
中国株式創業市場設立について
チャイナリスト投資顧問有限公司
代表兼チーフエコノミスト
孫 田夫
地球温暖化対策と排出権取引
コペンハーゲンで何が決まるのか
-米中2か国による時期枠組み合意の可能性も-
大和総研 投資戦略部
物江 陽子
排出量取引
-革命的政策手法が拓くビジネスチャンス-
日本政策金融公庫 国際協力銀行
特命審議役
環境ビジネス支援室長
本郷 尚
トップへのインタビュー
株式会社リサ・パートナーズ
代表取締役社長
井無田 敦
おりおりの記
思い通りにならないこと
日本証券業協会
会長
安東 俊夫
私の歴史年表(第16回) 1960年代 ②
長岡 實
インサイド・アウト
  インド
グローバル市場安定化の中のインド市場
大和総研 投資戦略部
新興国リサーチヘッド
児玉 卓
今月のスポットライト
SECとCFTCの統合見送り -背景に議会の縄張り争い-
解説コーナー
改正金融商品取引法が成立
  -格付会社に規制導入-
世界的危機、金融審議論に影響
  -改革スピードで配慮迫られる-
横断的な金融監督機関を設置へ・・EU
  -危機の再発防止狙う-
海外の視点
空前の財政赤字は『オバマミクスの産物」
山崎 一民
東京発25時40分 (第48回)
曲がり角迎えたコンビニ商法
=「大量廃棄」は新聞も同じ?=
日本ビジネスプレス
編集主幹
中野 哲也
海外証券ニュース
〈ユー・エス・エー〉
 
〈アジア〉
 
バーナンキ・パッシング
 
広州交易会に見られる中国製品の輸出から内販への転換
市場概況(6月)
(株 式) 大台達成後は不安定な展開に
(公社債) 金利上昇にブレーキ、景気「新芽」に陰り
パトロール
(兜 町) 選挙は再度、転機になるか
(本石町) 日銀の出口戦略が焦点に
参考指標
関連団体の動き 東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所、日本証券業協会、財務会計基準機構
資本市場日誌 (平成21年6月1日~平成21年6月30日)
書評
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る