本文へ移動

月刊資本市場(2010年3月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
明日への話題
日本の力を
日興コーディアル証券株式会社
取締役社長
渡邉 英ニ
世界金融危機後の規制と規律の再構築
米国で進められるSECの改革
-求められる組織改革とアドバイザー規制の強化
財団法人日本証券経済研究所
主任研究員
若園 智明
論文
米国経済の現状と課題
独立行政法人国際協力機構
客員専門員(金融担当)
齋藤 碩
ギリシャ問題が象徴するユーロの苦難
大和総研
ロンドンリサーチセンター長
児玉 卓
市場高速化時代の流動性供給者HFT
-フラッシュ・オーダー問題を経て浮かび上がるHFTの姿
野村総合研究所
金融先端ビジネス企画部
コンサルタント
金島 一平
講演録
日本経団連の目指す方向と金融・資本市場への期待
社団法人日本経済団体連合会
会長
御手洗 冨士夫
今次の金融危機を踏まえた我が国金融システムの構築
金融庁総務企画局
企画課調査室長
藤本 拓資
金融・資本市場に係る制度整備について
金融庁総務企画局
市場課長
寺田 達史
おりおりの記
シシュポスの岩
財団法人国際金融情報センター
理事長
大場 智満
私の歴史年表(第24回) 1980年代 ②
長岡 實
トップへのインタビュー
朝日工業株式会社
代表取締役社長
赤松 清茂
短期金融市場レポート
日銀による信用緩和措置完了後のCP市場の動向
上田八木短資株式会社
マーケット営業部 業務推進役
松倉 壮治
■連載■
アジア株式市場のいま(第7回)
財団法人国際通貨研究所
開発経済調査部 主任研究員
糠谷 英輝
明日への懸け橋
(第1話)
「効率的な小さな政府」は神話?
中央大学法科大学院
教授
森信 茂樹
今月のスポットライト
オバマ大統領の提言する金融規制強化とその行方
解説コーナー
デリバティブ取引の勧誘規制を強化
   -金融庁-
豪利上げの行方
   -三つのリスク要因-
5年連続営業赤字で上場廃止
  -新JASDAQ市場の制度要綱-
東京発25時40分 (第56回)
世界で最も読まれている“新聞”
  =「デイリー・ミー」の正体=
日本ビジネスプレス
編集主幹
中野 哲也
海外証券ニュース
〈ユー・エス・エー〉
 
〈ヨーロッパ〉
 
信頼回復へ2つの宿題 -トヨタ-
 
「ユーロ」を脅かすギリシャ債務問題
市場概況(2月)
(株 式) 欧州の財政不安で一進一退
(公社債) 膠着相場の行く末は
パトロール
(兜 町) 大型IPOへの期待
(本石町) みずほ、ワンバンク実現が課題
(霞が関) 裁量行政、笛吹けど・・・
参考指標
関連団体の動き
資本市場日誌 (平成22年2月1日~平成22年2月28日)
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る