本文へ移動

月刊資本市場(2012年3月号)の主な内容

バックナンバーリスへもどる 年間購読申込
日本経済研究センター 理事長
岩田 一政
論 文
株式会社 東京証券取引所
常務執行役員
静 正樹
社債スプレッドと2つの流動性
―二大金融危機を比較して
青山学院大学 経済学部 教授
白須 洋子
日興アセットマネジメント
商品企画部 ETFセンター長
今井 幸英
欧州CRA、「ソブリン格付のサスペンション」が最大のテーマに
―EU格付機関規制の改訂法案:「ローテーション・ルール」の成否にも注目
大和総研 ロンドンリサーチセンター
鈴木 利光
講演録
慶應義塾大学 商学部 教授
公益社団法人
日本経済研究センター
理事・研究顧問
深尾 光洋
おりおりの記
サムライと赤十字
日本赤十字社 副社長
大塚 義治
映画漫歩 (第12回) 映画とその時代 ②
住友信託銀行株式会社
特別顧問
映画倫理委員会 委員
桜井 修
短期金融市場レポート
金融緩和強化後の短期金融市場等の動向について
―基金の長期国債買入れ増額のインパクトに注目
上田八木短資株式会社
マーケット営業部 業務推進役
松倉 壮治
連 載
アジア/G20株式市場のいま (第17回)
公益財団法人 国際通貨研究所
開発経済調査部主任研究員
糠谷 英輝
明日へのかけ橋 (第24話)
逆進性対策と給付付き税額控除
中央大学 法科大学院
教授
森信 茂樹
インサイド・アウトヨーロッパ
ユーロ圏危機
~市場は抑え込めても市民は抑え込めない~
大和総研
ロンドンリサーチセンター長
児玉 卓
解説コーナー
グローバルでの取引所再編に高い壁
――NYSEとドイツの合併破談で
常盤橋 (第15回)
日銀「物価安定の目途」とは
――分かりやすく「装い」を一新
市場概況 (2月)
(株 式) 流動性相場で騰勢強める
(公社債) 動いた日銀、動かぬ金利
パトロール
(兜 町) 企業行動ににじむ経営者の自信
(本石町) 財務省が「引導」
(霞が関) 前代未聞のAIJ年金消失問題
参考指標
関連団体の動き
資本市場日誌 平成24年2月1日~平成24年2月29日
※毎6、12月号には、直近6か月分の索引が掲載されています。 (敬称略)
 
「月刊 資本市場」に関するお問い合わせ => 資本市場研究会 会報部
Tel:03-3667-3514
Fax:03-3669-1765
TOPへ戻る